重箱 祝い肴 口取り

一の重(三種肴・口取り)、二の重(焼き物)、三の重(酢の物)、与の重(煮物)

一の重(三種肴・口取り) 祝い肴・口取り

祝い肴

数の子 ニシンの子。卵の数が多いことから子孫繁栄を願って食べます
黒豆 御節料理の代表。まめ(丈夫)であるように願う
ごまめ 関東ではごまめ(カタクチイワシの稚魚)イワシが田畑に使われていたことから豊作を願う
たたきごぼう 関西ではたたきごぼう。豊作に時に飛んでくる瑞鳥に似ていることから豊作を願って作られます

口取り

伊達巻き 巻物に似た形から知識が増えるという願いも込められています。
栗きんとん 栗金団と書き、金の小判を意味し、財産が溜まることを願っています。
昆布巻き 喜ぶにかけて昆布巻きなどの昆布料理を入れます。
紅白かまぼこ 赤は魔よけ、白は清浄を意味しています。神饌の赤米と白米を模しています

 

二の重には焼き物を詰めます。縁起のいい海の幸が中心です。

鯛は福の神・恵比寿様が釣るめでたい魚です。
鰤は出世魚であることから、出世を祈願したものとされています。
海老は腰を曲げて進む様子が老人のように見えることから、長寿祈願が込められています。

 

三の重は酢の物を詰めます。

紅白なます、菊花蕪、酢蓮、コハダの粟漬けなどにちょろぎが添えられます。
紅白なますはお祝いの水引をかたどったものとされています。
菊花かぶはかぶを菊の花に見立てた酢の物。菊は邪気を祓い、寿命を延ばすといわれています。

 

与の重は山の幸の煮物を詰めます。

四の字を忌み嫌うことから「与の重」と呼ばれます。
クワイは上から大きな芽が出ることから、めでたいとされています。.
蓮根は穴が開いていることから、将来への見通しが開けるといわれます。
里芋は子芋がたくさん作ることから子宝、子孫繁栄の願いが込められています。
トコブシは別名をフクダメといわれるトコブシは、福が溜まることを願っています。

page top