おせち料理のいわれとしきたり 御節料理は神様に供える料理のことをいいます。

おせち料理の中身や詰め方は地域や家庭によって異なります。欠かせない食材は数の子、黒豆、ごまめ(関西ではたたきごぼう)の祝いの肴三種で、海の幸、山の幸を煮たり、焼いたり、和えたりと料理します。

 

お節は縁起を担いだものを作るのが特徴で、食材にはそれぞれの意味が込められています。黒豆にはまめ(勤勉)に働き、まめ(健康)に暮らせることを願って食べます。黒には魔よけの力が宿っているともいわれています。昆布はよろこぶ、数の子は子宝に恵まれますように、ごまめは五穀豊穣、きんとんは金を呼ぶ、エビは長寿、鯛はめでたいがあります。

 

おせち4種

 

詰め方は五品、七品といった縁起の良い奇数で盛り付け、めでたさを重ねるという意味も込めて重箱を重ねます。

 

一の重(三種肴・口取り)、二の重(焼き物)、三の重(酢の物)、与の重(煮物) 食材にはそれぞれの意味が込められている

 

 

祝い箸 昔から神が宿る霊木といわれる柳で作られ、両側が細くなっているのが特徴です。
片側は神様のもので神様と一緒に食事をするという意味が込められています。お正月は柳箸を使います。

 

家族そろってお屠蘇で新年を祝います。お屠蘇は一年の邪気を祓い、長寿への願いが込められています。